• 工事実績
  • 施工エリア
  • 新築工事の流れ
  • リフォーム工事の流れ
  • 施工の流れ

施工の流れ

施工の流れをご紹介致します。


1.地盤調査

地盤調査を行い、補強が必要な場合は改良工事を施します。

2.地縄張り・地鎮祭

「地縄張り」は建物の位置を縄などで地面に落とし、確認していく作業です。「地鎮祭」は工事に先立ち、土地の神を祝ってその工事の無事に済むことを祈る祭りをいいます。一般的にお施主様、工事関係者が集まり、神主様にご祈祷いただきます。

3.基礎工事

地面からの湿気を防ぐために防湿シートを張り、基礎配筋、型枠工事、コンクリート打設工事と進行していきます。途中、基礎の鉄筋が図面通りに正しく配置されているか、第三者機関による配筋検査を実施します。

4.上棟

上棟は、建前や棟上とも言われ、良い日どりに、基本的に1日で住宅の骨組みとなる柱・棟・梁などの基本構造を建て上げ、家の一番上の部材である棟木を上げることです。建て上がったところで、上棟式が行われます。上棟式とは、建物の守護神と匠の神を祀って、棟上げまで工事が終了したことに感謝し、無事に建物が完成することを祈願する儀式です。

5.外装工事

上棟後は、屋根工事、防水工事、壁にボードを張りサッシ・ドアなどの建具の取付、続いて外壁工事を行います。

6.木工事

床・壁・天井の下地を作っていきます。

7.内装工事

内部の仕上げ工事を行います。クロス張り、タイル・左官工事、家具・建具の取付、キッチンなどの設備の設置を行います。

8.完成・引渡し

お引渡しの日に、それぞれの専門業者により、設備の使用方法や注意などを説明いたします。また引渡し書類として、各検査結果や工事写真、使用説明書、保証書などをファイルしたものをお渡しいたします。

メールでのお問い合わせ